アフィリエイトとは【意味から全体像までをわかりやすく解説】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Affiliate
この記事は約13分で読めます。
初心者
初心者

「アフィリエイトを始めようと思っているんだけど、アフィリエイトの全体像を知りたいなあ。アフィリエイトの言葉の意味やメリットやデメリットを詳しく知りたいな。」

こんなお悩みにお答えします。

今回の記事でわかること

  • アフィリエイトとは、意味と仕組みを説明
  • アフィリエイトのメリットとデメリット
  • アフィリエイトをするにあたっての流れ

記事の信頼性

記事の信頼性

こんにちわ。Jouji(@jouji0720)です。僕は現在webライター4年目で、フリーランスライターとして生活しています。

そんな僕が今回は、アフィリエイトについてお話しようと思います。この記事を読み終わると、アフィリエイトの全体像が分かり、稼ぎ方がわかるようになります。

ぜひ最後までお読みくださいね。

アフィリエイトとは?意味と仕組みを説明

アフィリエイトの意味や仕組み

ここではアフィリエイトの仕組みを図解しながらお話していきますね。

アフィリエイトとは

アフィリエイトは、メーカーが作った商品をあなたが運営するメディアの中で紹介し、売れたらお金をもらえる成果報酬型の紹介ビジネスです。

だれでも簡単に始められること、場所や時間に縛られないことで副業としても人気のビジネスとなっています。

アフィリエイトの仕組みとは?

アフィリエイトの仕組みを図解にすると、以下のような感じ。

f:id:slash1196:20200429114818p:plain
画像引用元:A8.net 

ここで出てくる言葉の意味を説明します。

アフィリエイトの言葉の意味

  • 広告主:商品やサービスを作っているメーカー。作って売りたいという気持ちをもっている。
  • アフィリエイター:僕たち宣伝をする人のこと。
  • ASP:アフィリエイターと広告主をマッチングさせる会社のこと。アフィリエイターを紹介するようにしたり、広告を作ってキャンペーンを打ったりするのが主な仕事。
  • サイト訪問者:あなたの顧客になりえる人のこと。人数が多ければ多いほど成約率も上がる傾向があるのが一般的。

上記の4つを擬人化して、ストーリー化すると以下のような感じです。

ある日、広告主のAさんは、開発費をつぎ込んで肩こり改善サプリの「カタコラーヌ」を開発しました。もちろん開発費もかかっているので、何が何でも売りたいAさん。

しかしAさんには、営業社員を雇うお金がありません。営業をしないと、売れるようにはなりません。

Aさんは、大学時代からの友人のBさんに事の経緯を打ち明けます。Bさんは、ASPの社員です。

BさんはAさんに、自分の会社と契約して、アフィリエイトで売るのはどうかと提案します。AさんとBさんは業務提携しました。

BさんはAさんのサービスを売り込むために、ウェブ広告を作り、アフィリエイターを募集します。

そんな時にBさんのものに、アフィリエイターになりたいというCさんから連絡があり、BさんはCさんと契約をすることに。Cさんはそれから一生懸命にAさんの会社のサービスを売り込むための記事を作成し、売り込みをします。

ある日、肩こりに悩むDさんは肩こりの治し方をインターネットで検索し、上位表示したCさんの記事に出会います。

読んでみてびっくり、肩こりをなくせる方法が書いてあるではありませんか。Dさんは「まさに自分のことを言われている」と思い、カタコラーヌを購入します。

上記が、アフィリエイトの仕組みです。この場合のAさんは広告主となり、BさんはASPです。Cさんはメディアで、Dさんがユーザーです。

Aさんは商品が売れるし、Bさんは手数料がもらえます。Cさんも記事から売れると気お金がもらえるし、Dさんは肩こりがましになるということです。まさに4方ヨシのシステムです。

おすすめのASPに関しては下記記事にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

》【2024年版】アフィリエイト初心者におすすめなASP9選【選び方も解説】

アフィリエイトのメリットとデメリット

f:id:slash1196:20210402145132j:plain
アフィリエイトのメリット・デメリット

アフィリエイトのメリットとデメリットをお話します。

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトのメリットは、以下の2つがあります。

  • アフィリエイター側のメリット
  • 広告主のメリット

それぞれ解説します。

アフィリエイター側のメリット

アフィリエイター側のメリットは、以下の通り。

  • 場所を選ばず作業ができる
  • 他ビジネスと比べて初期費用がやすい
  • 一度上位表示されると販売がほぼ自動化できる
  • どこでも使えるスキルが身につく
  • 大きく稼げる可能性がある

1つずつ見ていきましょう。

場所を選ばず作業ができる

アフィリエイター側のメリットの1つ目は、場所を選ばず作業ができることです。

アフィリエイトはインターネットにつながる環境とPCやタブレットなどのデバイスがあれば、どこでも作業ができます。

カフェで作業をしてもいいし、通勤時の電車やバスの中でも作業は可能です。場所を選ばないので集中できる場所で、作業ができます。

他ビジネスと比べると初期費用が安い

アフィリエイター側のメリットの2つ目は、他ビジネスと比べると初期費用が安いことです。というのもアフィリエイトに必要なものは、サーバー代とドメイン代、Wordpressのテーマ代と書籍代のみだからです。

有店舗ビジネスをするなら店舗を借りる必要があるので、数千万円単位の投資が必要になります。そういった上では、他ビジネスと比べると初期費用が安いです。

初期費用の詳しくは、下記記事にて解説していますので、参考にしてください。

一度上位表示されると販売がほぼ自動化できる

アフィリエイター側のメリットの3つ目は、一度上位表示されると販売がほぼ自動化できることです。

アフィリエイトの記事は鮮度が必要です。そのため3か月に1回くらいは、リライトをしないといけません。しかしリライトをして、一度上位表示されると記事からの販売がほぼ自動化できます。

そのためにどこにいてても、扱う商品を売ってくれるようになります。完全自動化とはいきませんが、ほぼ自動化できるのでおすすめです。

どこでも使えるスキルが身につく

アフィリエイター側のメリットの4つ目は、どこでも使えるスキルが身につくことです。

会社で働く場合、その会社なりのやり方が存在します。一生懸命頑張ってそのやり方を覚えても、ひとたび会社を辞めてしまうと、次の職場で使えないということはよくあるものです。

一方アフィリエイトのやり方は、世界共通です。アメリカでもイギリスでも、中国にいようがやることは同じです。そのために一度稼げるようになってしまえば、何度でもそのスキルを使って稼ぐことができます。

大きく稼げる可能性がある

アフィリエイター側のメリットの5つ目は、大きく稼げる可能性があることです。

会社員はスマホと同じで、定額制です。仕事をどれだけ頑張ってやってみても、契約時の金額から昇給のある年までは、上がらないです。

しかし、アフィリエイトは1個売るのも100個売るのも労力って変わらないです。しかも売った数分だけお金が入ってくるシステムです。そのために会社員では実現できなかった夢をかなえることも、不可能ではありません。

広告主側のメリット

広告主側のメリットは、以下の通り。

  • 売れた商品数に応じて手数料を払えばいい
  • 多数のアフィリエイターに広告の依頼ができる
  • 自社商品の販路が広がる

1つずつ見ていきましょう。

売れた数に応じて手数料を払えばいい

広告主側のメリットの1つ目は、売れた数に応じて手数料を払えばいいことです。

アフィリエイトは、売ってくれた商品の数に従って、手数料をもらうシステムです。そのために広告主は売れた数に応じて手数料を払えばいいです。

これが有店舗の場合だと、商品が売れなくても店員さんにお給料を払わなくてはいけないです。無駄なコストがかからず、売り上げを上げることができます。

多数のアフィリエイターに広告の依頼ができる

広告主側のメリットの2つ目は、多数のアフィリエイターに広告の依頼ができることです。

広告主がASPと契約すると、アフィリエイターを募るのも、広告を作ってくれるのもASPがやってくれます。

そのために、商品・サービスを知られれば、多数のアフィリエイターに広告してもらえる可能性があります。

自社商品の販路が広がる

広告主側のメリットの3つ目は、自社商品の販路が広がることです。

普通の営業の場合って、販路を拡大することはむつかしいです。というのも、人の知り合いってなかなか少ないからです。

でもインターネットの力は無限大です。ASPと契約すると、多数のアフィリエイターにプロモーションをお願いすることができます。自社商品の販路が広がるのは間違いありません。

アフィリエイトのデメリット

アフィリエイトのデメリットは、以下があります。

  • アフィリエイター側のデメリット
  • 広告主側のデメリット

それぞれ解説します。

アフィリエイター側のデメリット

アフィリエイター側のデメリットは、以下があります。

  • 成果が出ないと報酬がもらえない
  • 成果が出るまでの時間が長い
  • モチベーションの維持がむつかしい
  • 検索エンジンに依存する
  • 社会的な信用性が低い

1つずつ見ていきましょう。

成果が出ないと報酬がもらえない

アフィリエイター側のデメリットの1つ目は、成果が出ないと報酬がもらえないことです。

アフィリエイトは、商品が売れた時にお金がもらえるシステムです。成果が出ないと報酬もありませんし、無給状態が続くこともあります。

成果が出ないと報酬がもらえないため、辞めてしまうことも多いです。

成果が出るまでの時間がかかる

アフィリエイター側のデメリットの2つ目は、成果が出るまでの時間がかかることです。というのも知らないことが多いからです。

アフィリエイトを始めるときに、ものを売ったことがない状態で始める人も多いです。その状態で始めるのですから、時間がかかるのは当然のことです。

ただ成果が出ない時間は、真っ暗なトンネルの中をあかりを持たずに進んでいくようなものです。その状態で突き進まないといけないので、つらいです。

モチベーションの維持がむつかしい

アフィリエイター側のデメリットの3つ目は、モチベーションの維持がむつかしいことです。というのも売れるまでに時間がかかるからです。

デメリット②でもお話しましたが、無給状態が続くと「本当に今やっている作業はあっているのか」という気持ちになり、自分を疑ってしまいます。

自分を疑ってしまうと、作業をし続けるためのモチベーションが下がってしまい、負のスパイラルにはまってしまいます。モチベーションの維持が難しいです。

検索エンジンに依存する

アフィリエイター側のデメリットの4つ目は、検索エンジンに依存することです。というのも自分ではコントロールができないからです。

アフィリエイトは、インターネットを使って行うビジネスです。そのために検索エンジンからの評価を上げるSEO対策は、避けて通ることができません。

しかし、検索エンジンのアルゴリズムは、毎月のようにアップデートを繰り返されています。そのため検索順位も上がりにくくなっています。

社会的な信用性が低い

アフィリエイター側のデメリットの5つ目は、社会的な信用性が低いことです。というのもアフィリエイトは流動性があるビジネスだからです。

流動性があると、お金の安定性がありません。僕の知っている専業のアフィリエイターは、クレジットカードや銀行の融資を受けることができにくいと聞きます。

お金の安定がないと、社会的に信用されないことが多いです。

広告主側のデメリット

広告主のデメリットは、以下があります。

  • コストがかかる
  • 利益率の設定がむつかしい
  • アフィリエイターの報酬を適切に設定しないと見向き去れない

詳しく見ていきましょう。

コストがかかる

広告主側のデメリットの1つ目は、コストがかかることです。

もし会社の営業職がいる場合、その人たちの給与を払う必要があります。しかしASPと契約するには、初期費用と月額費用という投資が必要です。

そのため、給与と比べると安いですが、コストがかかることを忘れてはいけません。。

利益率の設定がむつかしい

広告主側のデメリットの2つ目は、利益率の設定がむつかしいことです。というのも商品を開発したら、必ず作るためにかかったお金以上を回収しないといけないからです。

しかし、利益率が低いといくら売っても薄利多売になってしまいます。そのためにアフィリエイト運営がむつかしくなってしまいます。

そういった面では、利益率の設定はむつかしくなってしまいます。

アフィリエイターの報酬を適切に設定しないと見向きされない

広告主側のデメリットの3つ目は、アフィリエイターの報酬を適切に設定しないと見向きされないことです。

広告主側からすると、売り上げが大きくて、さらにコストがかからないほうがいいに決まっているからです。しかしアフィリエイター側からすると、売った金額に見合ったお金が欲しいものです。

ですから、アフィリエイターの報酬を適切に設定しないと見向きもされないです。難しいですね。

アフィリエイトのメリット・デメリットのまとめ

アフィリエイトは、アフィリエイター側、広告主側、ユーザー側とどこから見ても、メリットが大きいです。

優秀なマーケティング方法ですので、利用しない手はないです。

アフィリエイトをする流れを3つのステップで説明

f:id:slash1196:20210327172202j:plain

アフィリエイトの仕組み

「アフィリエイトっていいことばっかりじゃん。やってみたい。」と思っているかもしれません。そんなあなたに、アフィリエイトをする流れについてお話していきましょう。

アフィリエイトをする流れは、以下の通り。

  • サイトを作る
  • ASPに登録
  • 記事を書く

それぞれ解説します。

サイトを作る

アフィリエイトをするステップの1つ目は、サイトを作ることです。というのもサイトがなければ、アフィリエイトができないからです。

ですから、まずはサイトを作りましょう。

ブログの作り方は、WordPressブログの始め方完全ロードマップ【超初心者OK】にて詳しく解説しているのでどうぞ参考にしてください。

ステップ②ASPに登録

アフィリエイトをするステップの2つ目は、ASPに登録することです。というのも記事を書いても、広告がなければ、稼げないからです。

なおおすすめの商品に関しては、アフィリエイトでおすすめしたい商材の選び方【2ステップで解説】にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

アフィリエイトで稼ぐには必須項目ですから、早めに登録しておくことにしましょう。

記事を書く

アフィリエイトをするステップの3つ目は、記事を書くことです。というのも記事がないと、広告が貼れないからです。

サイトができて、広告を決めたら、アフィリエイトの記事を書いていきましょう。

記事の書き方に関しては、アフィリエイトで稼げるブログ記事の書き方【テンプレあります】にて詳しくまとめましたので、ぜひ参考にやってみましょう。

まとめ|アフィリエイトはまず始めるところから

ここまでアフィリエイトの全体像をお話してきました。全体像をつかむことは、非常に重要です。とはいえ、始めてみないとわからないものです。

読み終わったら、まずはブログを作っていきましょう。ブログサービスは、アフィリエイトができるおすすめブログサービス7選にて詳しく解説しているので、参考に作ってみましょう。

今回は以上です。

次に読みたい記事はこちら

もしブログを持っていない場合は、以下の記事が役に立ちます。

ブログサービスでお悩みなら、以下がおすすめです。

アフィリエイトの初期費用を詳しく知りたいなら、以下の記事がおすすめ。

アフィリエイトの商材を決めたい場合は、以下がおすすめ。

記事の書き方を知りたい場合は以下がおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました